四季折々 美と健康

土筆(つくし)を食しました

投稿日:

こんにちは。 湯~爺ぃです。

 

先週末、所要で兵庫県に行きました。

帰途、サービスエリアの特設エリアで、今が旬の山菜が売られていました。

うど、大根葉、タラの芽、わらび・・・

おぉ、これはめずらしい!と思わず、調理方法を尋ねました。

 

どれを買おうか迷ったすえ、土筆を一束購入。

なんだか、不足しがちなミネラルや栄養素を補ってくれそうです。

結構な分量(3人前くらい)で、わずか100円。

ちょっと得した気分です。

 

調理方法は簡単で、

1.茎の節の部分にある『ハカマ』を取り去る。

2.5㎝くらいの長さにカットします。

3.フライパンに胡麻油を垂らし、土筆をすこし炒める。

4.溶き卵に醤油を混ぜ、土筆とともに炒める。

 

 

食べてみると、柔らかくて、ほんのりと苦みがあります。

繊維を噛み切るときの歯ごたえが心地よい。

普通の野菜では味わえない食感です。

ちなみに、土筆の花言葉は「向上心」と「驚き」。

春先に山菜を食べると、夏バテに強くなるともいわれます。

 

上の写真は、持ち帰った土筆のハカマを取ったところ。

卵と土筆、これでおおよそ1食分です。

 

休日の一品に山菜はいかがでしょうか。

おススメです。

 

 

では、ごきげんよう。

2021.04.12(大阪は快晴) 湯~爺ぃ

-四季折々, 美と健康

Copyright© ゆ~っくりと カメデンが行く , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.