湯~爺ぃの本棚

大国とのはざまで

投稿日:

こんにちは。 湯~爺ぃです。

 

アジアを見るときに、日本もそうですが、多くは比較的小さな国の集まりと言えるでしょう。

小さきがゆえに、知恵を絞って自国民を守り、繁栄の途を模索している。

その歴史には、未来を築く知恵が無数に隠れているのではないでしょうか。

 

中でも興味をそそられるのが、『台湾』と『タイ』です。

両国とも多民族のあつまりですが、多文化を併呑しつつ、大国とのはざまで近代国家を形成しています。

かつて台湾の山岳地帯に首狩り族の集落が沢山あり、他部族が足を踏み入れると無条件で首を刈られたと聞きます。

大変な状況だったわけですが、いったいどのようにして近代国家と成り得たのでしょうか?

考えてみると、大きな謎です。

 

 

台湾は、李登輝氏の統治時代に民主化を成し遂げました。

私は李登輝氏に尊敬の念を覚えるとともに、氏を育てた蔣経国にも興味をそそられます。

李登輝氏という偉人が登場した背景を知りたい。

そんなわけで、『蔣経国伝』を入手しました。

 

ちょっと遠回りかもしれません。

李登輝さんに行きつくまでに時間は掛かるでしょうが、しばし台湾の近代史を味わってみようと思います。

 

 

では、ごきげんよう。

2021.04.08(大阪は快晴) 湯~爺ぃ

 

 

-湯~爺ぃの本棚

Copyright© ゆ~っくりと カメデンが行く , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.