未来 美と健康

抗ウイルスに『光触媒』という選択 2

投稿日:

こんにちは。 湯~爺ぃです。

 

ようやく梅雨が明けましたね。
これから真夏日が続きそうです。

私はご近所の家庭菜園の脇を毎朝通るのですが、
真っ赤に熟したミニトマトが収穫を待っていました。

さて、『光触媒』のお話の続きです。

 

前回、光触媒が物質を分解する、というお話でした。

それで建物の外装に使われています。

 

その一つが、東京駅八重洲口のグランルーフです。

全長240mにおよぶ巨大なものです。

光触媒のコーティングは、白さを長持ちさせる効果があるんですね。


東京駅八重洲口のグランルーフ
設計:ヘルムート・ヤーン,ヴェルナーゾーベック

 

新しい光触媒

光触媒のエネルギー源は、紫外線でした。
と、過去形で書いたのは、理由があります。

現在、屋内で使われている光触媒は、蛍光灯やLEDなど
電灯の光からエネルギーをもらって作用します。

 

新しい光触媒を開発された東大の橋本和仁教授によると、

「新しい光触媒は、紫外線を含まない蛍光灯の光を
照射するだけで、感染性ウイルスを大幅に不活化させます。」

検証試験が行われ、優れた抗菌作用が確認されているそうです。

https://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_100154.html

 

日本で生まれたイノベーションが、コロナを抑える力と
なることを願っています。

 

では、ごきげんよう。

2020.08.05(大阪は晴) 湯~爺ぃ

-未来, 美と健康

Copyright© ゆ~っくりと カメデンが行く , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.