美と健康

コロナ対策 フィトンチッド(間伐材で抗菌)

更新日:

こんにちは。 湯~爺ぃです。

 

皆さん、お勤めの職場でも、防疫には随分ご苦心なさったのではないでしょうか。

自分たち、社内の各部屋は『フィトンチッド』で空間除菌しています。

間伐材から蒸留して作られるのですが、これが、なかなかすぐれモンだったりします。

 

 

 

フィトンチッド。

えっ、そら何じゃ???

フトン・・ と聞こえたんで、てっきり布団につけるモンかと・・・

 

えー、こっそりお教えしませう。

森林浴の爽快感は、フィトンチッドのおかげだそうな。

ひっつめて言うと、植物が周りを清潔に保つ、天然の消毒物質です。

 

 

 

ググってみると、農水省HP 『消費者の部屋』のこどもそうだんコーナーでは、

フィトンチッドについておしえてください

という、かわいい質問がありました。

 

お答えは、

一般(いっぱん)に、リフレッシュ効果(こうか)などの

森林浴効果をもたらす森林のかおりをフィトンチッドといいます。

    (中略)

本来は樹木が自分自身をまもるために発散するものですが、

リフレッシュ、消臭(しょうしゅう)・脱臭(だっしゅう)

抗菌(こうきん)・防虫(ぼうちゅう)など人体やくらしに

有益(ゆうえき)な効用(こうよう)が知られています。

 

参考
PHP研究所 森のふしぎな働き

https://www.maff.go.jp/j/heya/kodomo_sodan/0102/05.html

 

なんでも、桜餅や笹団子は、葉っぱのフィトンチッドが

細菌をやっつけて、餅をガードしてくれるのだとか。

 

知らんやった。先人の知恵は、えらいもんですのぉ!

うちのお子たち(喘息持ち)にも巻いとけばよかった?

 

そういや、餡こを見ると、ムラムラと甘いもの食べたくなるー。つれを誘って茶しばこか。

『茶しばく』って分かります? いまや死語ですけどね。

似たような言葉で『鳥しばく』も使っとりました。

 

牛しばくぞ、は吉野家に行こーぜ。

鳥しばくぞ、はケンタッキー行こーぜ。

あまり上品ではありませんが、

便利な言葉でっせ。大阪弁。

 

では、ごきげんよう。

2020.06.12(大阪は小雨) 湯~爺ぃ

-美と健康

Copyright© ゆ~っくりと カメデンが行く , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.